こころまち つくろう KEIHAN 京阪ホールディングス

MENU開く

KEIHAN BIOSTYLEPROJECT
京阪グループのSDGs ビオスタイルプロジェクト

ACTION

京阪グループ各社の
取組み事例

SCROLL
取り組み事例

脱炭素社会の実現に向けた電気バスの導入

京阪バスは、2050年カーボンニュートラルの達成、脱炭素社会の実現に向けて、2021年12月、京都市内で運行する「ステーションループバス」(京都駅―七条京阪前-梅小路・ホテルエミオン京都)の全車両(4両)に電気バスを導入しました。これに先駆け、関西電力株式会社、ビーワイディージャパン株式会社と共同で、電気バスの利用による燃料や整備コスト等の削減を目指し、業務提携をいたしました。複数台で運行する路線バスの1路線すべての車両を電動化するのは日本初(自社調べ。グリーンスローモビリティや施設内バスを除く)で、電気バスは走行時の排出ガスがなく、従来のディーゼルエンジンバスに比べ走行騒音を大幅に減少できるばかりでなく、災害時の非常用電源としての利用など様々な場面での活用が期待されています。今回の電気バス導入による二酸化炭素(CO2)排出量削減効果は10年間で1,550トンと試算しており、今後ますますの地球温暖化対策推進につなげてまいります。

  • 電気バス導入に係る協定書締結式
  • 電気バス

京阪バス(株)

該当するプロジェクトガイドライン

  • GOOD for Health
  • GOOD for Minds
  • GOOD for Locals
  • GOOD for Social
  • GOOD for Earth

該当するSDGs目標

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
  • 電気バス導入に係る協定書締結式
  • 電気バス
取り組み事例

心と体とくらし彩る
宅配ギフト

「心と体とくらし彩る宅配ギフト」では、家を建てるまでではなく、その先の生活がもっと豊かになる後押しとなるよう、ゼロホームで注文住宅を建築し、お引渡しを終了したお客様に、ビオ・マーケット(ビオ・マルシェ)もしくはビオスタイル(GOOD NATURE STATION)の商品を1年間定期的に無料でお届けします。
品質、工法、アフターメンテナンス体制にこだわり、住む人を想い、永く住み継げる家を実現してきた「ゼロホームの100年住宅」。今回、厳選した有機野菜・オーガニック食品を手掛ける「ビオ・マルシェ」や、健康的で環境にもいいものを自分らしく取り入れるライフスタイルを実践する複合施設「GOOD NATURE STATION」セレクトの食材とタイアップ。どちらもその食事を口にする人のことを想い、生産する人を想う、京阪グループのBIOSTYLEを代表するサービスです。家を建て新生活を始めるときこそ、京阪グループが提案するライフスタイル(BIOSTYLE)に触れ共感いただける機会にしていきたいと考えます。「心と体とくらし彩る宅配ギフト」は、豊かで快適で、いつまでも安心して暮らすことのできる住環境をトータルでプロデュースします。

  • 心と体とくらし彩る宅配ギフト
  • 心と体とくらし彩る宅配ギフト

(株)ゼロ・コーポレーション/
(株)ビオ・マーケット/
(株)ビオスタイル

該当するプロジェクトガイドライン

  • GOOD for Health
  • GOOD for Minds
  • GOOD for Locals
  • GOOD for Social
  • GOOD for Earth

該当するSDGs目標

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
  • 電気バス導入に係る協定書締結式
  • 電気バス
取り組み事例

ホテル屋上における
都市養蜂の取り組み

2021年5月、京都駅前のTHE THOUSAND KYOTO屋上にて都市養蜂を開始いたしました。
養蜂とは、はちみつや蜜蝋、ローヤルゼリーを採るためにミツバチを飼育することで、ミツバチは生態系の循環の中でポリネーター(花粉媒介)としての重要な役割を担っております。都市域の植物の受粉を行うことで、自力で受粉できない植物が育ち、実をつけ、野鳥がその種を運び、周辺の緑が増え、その植物の受粉にミツバチが再び貢献するという循環が生まれます。
京都駅前という都市部で養蜂を始めることで、京都駅前の緑化促進だけではなく、採れたはちみつの商品展開、自社ホテルレストランでの提供などにより、地産地消による地域活性化にも貢献してまいります。

  • ホテル屋上における都市養蜂の取り組み
  • ホテル屋上における都市養蜂の取り組み
  • ホテル屋上における都市養蜂の取り組み
  • ホテル屋上における都市養蜂の取り組み
  • ホテル屋上における都市養蜂の取り組み

京阪ホテルズ&リゾーツ(株)

該当するプロジェクトガイドライン

  • GOOD for Health
  • GOOD for Minds
  • GOOD for Locals
  • GOOD for Social
  • GOOD for Earth

該当するSDGs目標

  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • ホテル屋上における都市養蜂の取り組み
  • ホテル屋上における都市養蜂の取り組み
  • ホテル屋上における都市養蜂の取り組み
  • ホテル屋上における都市養蜂の取り組み
  • ホテル屋上における都市養蜂の取り組み
取り組み事例

園芸を通じ、
環境と人に優しさを

京阪園芸では、長きにわたりフラワーショップやガーデニングショップ経営をはじめグリーンレンタル、造園施工、植栽管理など花と緑にかかわる様々な業務を行っており、一般・法人顧客や地域の皆様に心安らぐ快適な生活環境を提供しています。

  • 指定管理者制度により、柳が崎湖畔公園(大津市)をはじめ5か所の公園の運営・管理業務を担っており、高い評価を得ているバラを中心とした植物に関する種々のセミナー・イベントを開催するなど地域活性化にも貢献しています。また、管理業務スタッフに地元在住の高齢者を率先して採用することで、地域の雇用安定にも貢献しています。
  • ヒートアイランド現象を緩和し、断熱作用による建物の省エネ効果、心の安らぎをもたらす効果がある駐車場および屋上・壁面緑化の施工を行っています。
  • 河川敷や国道等の緑地管理を行い、地域の美観や安全・安心の確保に努めています。
  • 作業で出た伐採木を資材に再利用し、切り枝等を堆肥化するなど資源の循環に注力しています。
  • 関西電力の特例子会社である(株)かんでんエルハートの園芸事業部門において、障がい者およびその指導者に花き栽培の知識や技術を伝授するなど、運営を定期的にサポートしています。
  • 人材面では、「一級造園施工管理技士」をはじめ、公的資格保有者が延べ100名近くいるほか、「なにわの名工」「樹木医」「薔薇(ローズ)ソムリエ」などユニークな専門家を輩出し、プロフェッショナル集団として各方面でコンサルティング活動を行っています。

地球温暖化ガスの削減が世界的な課題となっており、その解決に向け、当社では様々な役割を果たすとともに、ウィズコロナの「新しい日常」に寄り添う、花と緑を活かしたオンラインでの提案なども幅広く行ってまいります。

  • 花と緑に親しむ様々なセミナー花と緑に親しむ様々なセミナー
  • 駐車場緑化駐車場緑化
  • かんでんエルハートでの技術指導かんでんエルハートでの技術指導

京阪園芸(株)

該当するプロジェクトガイドライン

  • GOOD for Health
  • GOOD for Minds
  • GOOD for Locals
  • GOOD for Social
  • GOOD for Earth

該当するSDGs目標

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
  • 花と緑に親しむ様々なセミナー花と緑に親しむ様々なセミナー
  • 駐車場緑化駐車場緑化
  • かんでんエルハートでの技術指導かんでんエルハートでの技術指導
取り組み事例

自然環境に配慮した
オリジナル園芸資材の開発

京阪園芸では、長きにわたりバラのオリジナル品種を毎年発表し続けており、今では心待ちにしておられるお客さまが数多くいらっしゃいます。常に新しいものを世の中に送り出したいという進取の気性と、園芸に関する豊かなノウハウを生かし、ローズソムリエの小山内健が中心となってオリジナルのオーガニック培養土を開発しました。

①ピートモスと有機肥料をベースにした100%天然由来のオーガニック培養土(有機JAS規格に準拠)、②ハイクオリティなバラのオリジナル培養土、③オールマイティに利用できるオリジナルブレンド培養土の三種類を販売開始しており、現在、用途別のオーガニック培養土の開発を進めています。今後も自然環境に配慮したオリジナル培養土のラインナップの拡充を図り、ガーデニングによる豊かなおうち時間作りに貢献して参ります。

  • 自然環境に配慮したオリジナル園芸資材の開発
  • 自然環境に配慮したオリジナル園芸資材の開発
  • 自然環境に配慮したオリジナル園芸資材の開発

京阪園芸(株)

該当するプロジェクトガイドライン

  • GOOD for Health
  • GOOD for Minds
  • GOOD for Locals
  • GOOD for Social
  • GOOD for Earth

該当するSDGs目標

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 自然環境に配慮したオリジナル園芸資材の開発
  • 自然環境に配慮したオリジナル園芸資材の開発
  • 自然環境に配慮したオリジナル園芸資材の開発
取り組み事例

京阪沿線つながる、
つなげる農業

(株)京阪百貨店では、「地産地消」を大切に地域の農業に目を向けてきました。今後お客さまの生活様式が変化していくなかで、地域とともに歩んできた当社が取り組んでいくべき課題です。「地産地消」には以下のメリットがあります。

  • 消費者と生産者の距離が近いため、旬の食べ物を新鮮なうちに食べられる。
  • 地域経済の活性化、地域への愛着につながる。
  • 地域の伝統的食文化の維持と継承。
  • 農産物の輸送にかかるエネルギーを削減できる。

そこで、2021年11月より「京阪沿線つながる、つなげる農業」を開始しました。これは、沿線の農家と京阪百貨店がつながることで、農家と地域(お客さま)をつなぎ、沿線の都市型農業を継承していくためのプロジェクトです。まず第一弾として、沿線の農家から農作物を仕入れ、守口・枚方・京橋の3店舗で販売します。沿線の農家は、2代目、3代目の比較的若い方が多い一方で、物流に乗せられる量を生産することは難しいという課題を抱えられているケースが多いことがわかり、今回のプロジェクトを通してその解決の場を提供できればと考えています。販売方法も、あえて特設コーナーを設けないことで、各農家が毎週納品可能な物量を並べ、新鮮なうちにお客さまにお買い求めいただくよう工夫しています。

また、当社では2007年から食育活動を実施し、今ではお客さま体験型ツアーを年6回実施しています(コロナ禍では中止)。相愛大学と連携し2016年からは「食育フェスタ」を開催。その後、他大学やJA、(株)カゴメなども加わり今では関西最大級の食育フェスタとなりました。今後は、「京阪沿線つながる、つなげる農業」と連携した食育活動を行い、農家が近隣に位置するメリットを活かし、生産風景を体験できる企画を考えています。

  • 京阪沿線つながるつなげる農業
  • 野村ファーム
  • 門真蓮根農家
  • 大西農園
  • ひらかた独歩ファーム

(株)京阪百貨店

該当するプロジェクトガイドライン

  • GOOD for Health
  • GOOD for Minds
  • GOOD for Locals
  • GOOD for Social
  • GOOD for Earth

該当するSDGs目標

  • 8 働きがいも経済成長も
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 京阪沿線つながるつなげる農業
  • 野村ファーム
  • 門真蓮根農家
  • 大西農園
  • ひらかた独歩ファーム