こころまち つくろう KEIHAN 京阪ホールディングス

MENU開く

沿革

渋沢 栄一渋沢 栄一 翁
(渋沢資料館所蔵)

創業者から引き継がれるCSRの精神

当社の前身である京阪電気鉄道(株)は、日本最初の銀行である第一国立銀行を設立し、「日本資本主義の父」と呼ばれた渋沢栄一翁を創立委員長として明治39年(1906年)11月19日に産声をあげました。千年の王城「京都」と商都「大阪」を、京街道沿いに町や村をつないで鉄道を敷設するというプロジェクトは、事業性自体が有望であったのに加え、地域社会の発展に寄与するという高邁な思想に基づくものでした。

渋沢栄一翁の経営哲学は、ただひたすら私利私益のみに走るのではなく、公利公益も考え、他人の幸せのためにも力を尽くすのが本分だと唱えた「道徳経済合一説」に集約されます。そしてこの精神こそ、現代において脚光を浴びているCSRそのものだと言えます。当社グループでは、創業者の精神をグループ全体で受け継ぎ、「京阪グループCSR委員会」を設置しています。同委員会を中心に「スピード経営」「コンプライアンス経営」「ブランド経営」「環境経営」の実践に努めることで、社会全体や全てのステークホルダーに対してバランス良く価値を認められる品格のある経営をめざしています。

沿革

沿革

略年史

1906(明治39.11.19) 京阪電気鉄道(株)創立
1910(明治43.4.15) 大阪・天満橋駅―京都・五条駅間開通
1910(明治43.10.15) 第1回菊人形を香里園で開催
1913(大正2.6.1) 宇治線(中書島駅―宇治駅)開通
1915(大正4.10.27) 五条駅―三条駅間開通
1945(昭和20.5.1) 交野電気鉄道(株)の事業を譲受、交野線と呼称
1954(昭和29.9.3) テレビ付特急列車運転開始
1955(昭和30.12.3) 鋼索線(男山駅―八幡宮駅)営業開始
1963(昭和38.4.15) 京阪本線を淀屋橋まで延長(地下線)
1968(昭和43.11.10) くずはローズタウンの第一期分譲を開始
1970(昭和45.4.15) 京阪ショッピングモール(現京阪モール)開業
1972(昭和47.4.1) くずはモール街開業
1974(昭和49.7.23) びわ湖ローズタウンの第一期分譲を開始
1979(昭和54.3.10) ホテル京阪大阪(現天満橋)開業
1983(昭和58.10.1) 大阪水上バス開業
1985(昭和60.10.12) 京阪百貨店守口店開業
1987(昭和62.5.24) 京阪本線東福寺駅―三条駅間連続立体交差・地下化工事完成
1989(平成 元.10.5) 鴨東線(三条駅―出町柳駅)開通
1992(平成4.5.12) 京阪東ローズタウン街びらき
1996(平成8.7.20) ひらかたパークのリニューアル工事完了、グランドオープン
1997(平成9.4.21) 「アンスリー」くずは店開業(1号店)
1998(平成10.2.14) 京阪東ローズタウン マンション「ファインガーデン」の分譲を開始
2000(平成12.12) 旅客誘致キャンペーン「京阪のる人、おけいはん。」がスタート
2003(平成15.10.1) e-kenetカード発行開始
2004(平成16.3.15) 会社全体で「ISO14001」認証取得(鉄道会社では日本初)
2004(平成16.8.1) 京阪線にICカード決済サービス「PiTaPa」を導入
2005(平成17.4.14) 「KUZUHA MALL」グランドオープン
2005(平成17.5.27) 「京阪シティモール」グランドオープン
2005(平成17.12.4) 「ひらかた大菊人形」の歴史に幕
2006(平成18.3.22) 東京証券取引所市場第一部に上場
2006(平成18.11.19) 京阪電気鉄道(株)が会社創立100年を迎える
2008(平成20.4.15) 京阪グループ新シンボルマーク、スローガンを制定
2008(平成20.10.19) 中之島線(天満橋駅―中之島駅)開業
2010(平成22.4.15) 京阪電気鉄道(株)が開業100周年を迎える
2014(平成26.3.12) 「KUZUHA MALL」第2期グランドオープン
2014(平成26.11.28) (株)ビオ・マーケットを完全子会社化
2015(平成27.5.29) (株)大阪マーチャンダイズ・マートを完全子会社化
2016(平成28.4.1) 「京阪ホールディングス」誕生
2016(平成28.10.1) 京都タワー(株)、(株)琵琶湖ホテルおよび(株)京都センチュリーホテルが合併、京阪ホテルズ&リゾーツ(株)が誕生
2016(平成28.12.28) (株)カフェを完全子会社化
2017(平成29.7.3) (株)ゼロ・コーポレーションを完全子会社化