こころまち つくろう KEIHAN 京阪ホールディングス

MENU開く

京阪グループの環境経営

環境理念と京阪グループ環境方針

2002年に環境理念を制定し、グループ全体で環境改善や環境法令の遵守を推進しています。また、2021年9月には京阪グループ環境方針を定め、以下を重点項目としました。

  1. 温室効果ガスの削減
  2. 廃棄物の削減・水資源の有効利用

環境理念

京阪グループは、「地球環境の保全は人類共通の重要課題の一つである」との認識のもと、環境の保全や資源の保護に配慮し、自然環境にやさしい企業運営を目指すことで、持続的に発展できる社会の実現に貢献します。

環境経営推進体制

2005年に「京阪グループCSR委員会」の下部委員会として「環境マネジメント専門委員会」を設置し、京阪グループ全体の環境経営を推進しています。委員会ではグループ各社の環境法令遵守状況のモニタリングやCO2の排出状況の集約など、環境に関わるリスク管理を行い改善に努めています。同委員会における議事内容については、取締役会に報告しています。

環境教育・環境監査

環境法令の遵守徹底のため、環境法規制セミナーを開催し、法令改正などの情報をグループ各社に周知しています。また、定期的な環境監査を実施し、法令遵守状況の確認と改善支援を行っています。