こころまち つくろう KEIHAN 京阪ホールディングス

MENU開く

生物多様性の保全に関する取り組み

びわ湖エリアの自然との共生に関する取り組み

琵琶湖汽船における取り組み

びわ湖を舞台に観光船を運航する琵琶湖汽船(株)では、環境方針に「琵琶湖との共生」を掲げ、事業基盤であるびわ湖における環境保護活動に積極的に取り組んでいます。滋賀県が2018年度から開始した「しが生物多様性取組認証制度」において、環境学習クルーズなど生物多様性に関する取り組みが評価され最高ランク「3つ星」の認証を受けました。

環境保護を目的とした各種クルーズ

環境体験学習に対応した観光船「megumi」による「びわ湖環境体験学習クルーズ」では、びわ湖の「歴史」「水」「生物」をテーマに学習プログラムを提供しています。また、滋賀県内のすべての小学5年生を対象とした宿泊体験型の学習船「うみのこ」(滋賀県立びわ湖フローティングスクール)や水質調査船「びわかぜ」の運航も受託。学び体験の観点からのびわ湖の環境保護活動に取り組んでいます。

びわ湖の自然や食文化を体感できるクルーズにも注力しており、2009年から「鮒ずし作り体験クルーズ」を開催。滋賀県と沖島漁業協同組合とともに、漁業と滋賀県伝統の食文化「鮒ずし」の持続的発展を目指しています。

学習船「うみのこ」

鮒ずし作り体験

持続的な森林の保全を目指した国産木材の活用

今津港にある今津営業所は、1974年、JR湖西線が開通した年に建てられたもので、老朽化が進んでいたことから2020年3月にリニューアルしました。新営業所は、環境に配慮した管理が行われている森林に与えられる「森林認証」を得た滋賀県高島市産の木材を使った第1号の建物であり、滋賀県・高島市が取り組む自然・地球環境保全に供するとともに、地域振興に寄与しています。

桜の苗木の寄贈

毎年、公益財団法人滋賀県緑化推進会に桜の苗木を寄贈しています。開業90周年事業として1978年から開始したもので、累計の寄贈本数は2020年3月現在で15,850本になりました。今後も、湖国の緑化活動に協力していきます。

また、琵琶湖周辺の環境美化活動を推進している「美しい湖国を作る会」に2010年より協賛金を寄贈しています。

海津大崎の桜

海津大崎の桜

琵琶湖ホテルにおける取り組み

びわ湖畔で営業する琵琶湖ホテルでは、「食べることが守ること」を合言葉に、棚田米などの地元の食をお客さまに楽しんでいただくことで、食材の産地である里山の環境保全を目指す取り組み「里山の食彩プロジェクト」に、2002年から取り組んでいます。また、多様な生き物の宝庫である里山環境をホテル敷地内に再現する「山野草プロジェクト」も2009年から実施しており、在来種を中心に約100種類の山野草を植えています。

これらの地元生産農家の方々などと協働して取り組んできたプロジェクトが、継続的な環境への取り組みとして評価され、同ホテルは、滋賀県と滋賀経済同友会による2015年度「しが生物多様性大賞」を受賞しました。

山野草プロジェクト

山野草プロジェクト

地域との協働による緑化・清掃活動

宮崎県と森林資源の循環利用推進に関する連携協定を締結

(株)ゼロ・コーポレーションでは、2012年以来、住宅全棟の通し柱・管柱・小屋束・腰壁柱に宮崎県産材を使用することで、日本の山や森林を守り育てるとともに、森林の光合成によるCO2の削減にも取り組んでいます。2020年12月、森林資源の循環利用を推進し、より堅固なサプライチェーンの構築を目指して、宮崎県、同森林組合連合会、同木材協同組合連合会と包括的な連携協定を締結しました。

山や森林を守るには、植林し、山を育て、伐採するサイクルの継続が大切ですが、山や森林の所有者の高齢化や意欲減退、林業の担い手不足などの課題を抱え、循環サイクルがうまく機能していないのが現状です。

本協定の締結により、新しい山づくりやみやざき林業学校への支援を通じて、宮崎県下の関係団体との連携をより深め、課題解決に向けて、森林資源の循環利用への貢献、サプライチェーンの質的充実を図ります。

森の循環サイクルを機能させて山を守る

県や地元団体と包括的連携協定を締結

京都みどりプロジェクトへの参画

当社では、2011年から京都市産業観光局商工部林業振興課が事務局を務める「京都みどりプロジェクト」に参画し、継続的に寄付をしているほか、京都三山の森林保全活動に参加しています。2019年3月には、東山の高台寺山国有林で開催された植栽活動に参加したほか、当社の寄付金にグループ従業員有志の寄付金を合わせ2020年5月に寄付しました。今後も、地球環境や地域社会との共生に積極的に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

「京都みどりプロジェクト」植栽活動

京福電気鉄道における取り組み

京福電気鉄道(株)では、花と緑がいっぱいの沿線とすることを目的に「嵐電沿線緑化プロジェクト」として、沿線の皆さまと協働し、2009年から緑豊かな駅環境づくりに取り組んでいます。西院駅など9駅にプランターや花壇、雨水タンクを設置するほか、沿線にもさまざまな桜を育成しています。また、沿線の小学校で園芸教室を開催するなど、沿線の方々や商店街のご協力を得ながら、環境にやさしく、お客さまに快適に感じていただける沿線を目指しています。

宇多野駅の花壇

比叡山自動車道における取り組み

比叡山ドライブウェイを運営する比叡山自動車道(株)では、比叡山の自然と環境保護を目的に、毎年沿道で病木伐採や植樹活動に取り組んでいます。2020年は夢見が丘と登仙台駐車場付近にノムラモミジを植樹しました。

地域の清掃活動への参加

京阪グループ各社では、地元自治体などと協力して駅周辺などの清掃活動に定期的に参加し、「きれいな地域づくり」に向け、積極的な活動に取り組んでいます。

ホテル京阪の京都駅八条口周辺美化活動