Talk session

トークセッション

女性の活躍と両立支援

京阪には、たくさんの女性社員が活躍しています。
女性の活用や働きやすさ、育児と仕事の両立、京阪で描けるキャリアプランなど、
さまざまな視点から女性社員3人が語り合いました。

京阪ホールディングスに入社した理由は?

:事業フィールドが広いので、いろいろな仕事ができそうだと思いました。就職活動でさまざまな会社を受けましたが、京阪ホールディングスの面接は、学生個人の適性や人となりを見てくれていると感じたんです。ここでなら、活躍できそうだと入社を決めました。

:女性の活躍を支援する制度については意識していましたか?

:それは意識していませんでしたね。実際に結婚、出産となったときに考えればいいかな、くらいに思っていました。

:私もそうです。私がこの会社に入社したいと思ったきっかけは、ひらかたパークの広告なんです。「おもしろいな」と思ってインターンシップに応募したところ、いろいろな事業を展開していることを知りました。少数精鋭で、若手のうちから活躍されている社員さんが多いことから、自分もチャレンジできる環境があると感じました。

:私は京阪の選考を通じて、社員同士の距離が近い会社という印象を受けました。「社員同士がみんな友だちなのかな?」と錯覚するほど(笑)。そんな人間関係のつながりが深い会社で働くほうが、私にとっては、モチベーションを上げやすいと思い入社しました。

:端さんは女性の活躍について、すごく意識していたんですよね。

:そうなんです。就職活動をしているときに、いろいろな会社の制度を調べました(笑)。女性社員が多い企業ほど、女性を支援する制度が充実していました。そこで、それらの企業の会社説明会で「総合職の女性社員の取得率はどれくらいですか?」と質問してみたんです。すると明確な答えがあまり返ってこない。それだったら、人間関係が親密でお互いに助け合える会社のほうが、出産・育児をしながらでも働きやすいのではないかと考えました。

現在の担当業務を教えてください。

:京阪流通システムズに出向し、ショッピングセンターなどの商業施設の運営や開発を手がけています。企画、テナント誘致、テナント交渉、プロジェクト管理、プロモーションなど全般的に携わっています。直近では京阪シティモールのリニューアルも担当していました。

:総務部で法務を担当しています。京阪グループ全体の法律相談や訴訟などの支援をしています。また、コンプライアンス業務も行っています。

:人事部で京阪ホールディングス、京阪電鉄の新卒採用を担当しています。それとともに、京阪グループの採用支援やグループ会社の経理業務も行っています。

実際に仕事をしていて、女性としての働きやすさは?

:私が入社したころは、総合職の女性社員が少なく、すぐに名前と顔を覚えてもらえました。流通業で一般のお客さまに近い事業をしていることから、「女性としてどう思う?」と消費者目線の意見をよく求められました。

:流通業では女性向けの商品・サービスを多く扱っているので、、女性目線の意見も大切ですよね。今は京阪ホールディングスも女性社員が増え、女性が少数派ではなくなってきていると感じますが。

:世間ではまだまだ、女性だから責任ある仕事を任されないとか、出世できないという話をよく耳にします。でも私自身は、一切感じていません。当たり前といえば当たり前ですが、妊娠中の出張も何回も行かせてもらいましたし、任せてもらう仕事の質も変わらなかった。おかしな配慮や制限なく仕事をさせてもらえるのはありがたいです。本当はもう少し、心配してくれてもいいのではと思うくらいです(笑)。

:男女関係なく任せる社風ですから。「あなたなら、これくらいの仕事ができるでしょう」という基準が少し高めなのかな? でも、そうやっているうちにいつの間にか成長しているんですよね。若手のうちはそれが大変でも、仕事を終えてみたら「できた!」という達成感が得られる。次にもっと難しい仕事を任されても、「あのときにできたから」と自信になります。

:確かにそうなんです。入社1年目はがむしゃらにやってきたけど、1年経つと昨年「大変だ」と感じていたような仕事が、前より大変ではなくなっています。

育児と仕事をどう両立させていますか?

:私は実家の近くに住んでいて、親に8割近く助けてもらっています。子どものお迎えも親に行ってもらっているし、家族の協力で、仕事ができています。結婚後、大きなプロジェクトを任されたので、妊娠・出産はそのプロジェクトが終了してからと考えていました。

:妊娠・出産について、周りの人に気を遣うことはありませんでしたか?

:プロジェクトの期間中、上司から妊娠・出産のタイミングについてライフプランをきちんと確認してもらえていました。そのたびに「今は大丈夫なので。これが終わったら(産休・育休で)休みます!」と言っていました。自分のキャリアを考えても、そうするのが一番良かったと思っています。

:森田さんとは違って、私は実家が遠いんです。そのため、ベビーシッターや家事代行を積極的に利用しています。ときには母に助けてもらうこともありますし、いざというときには親戚にまでお願いすることもあります。

:今の自分を考えると、仕事をして家に帰って育児、家事となるとパンクしそうな気がします。

:子どもができてから、時間の使い方がすごくシビアになりました。

:やはり時間の使い方が重要になってくるんですね。

:そうですね。職場全体でルーティーンでやっている仕事に対して、「本当にこの仕事は必要なのか。やらなくてもいいのでは」と効率的に考えられるようになりました。

:子どものお迎えがあると思うと、仕事のエンジンのかかり方が全然違います。絶対ダラダラしない。

:なるほど。あとは、育休を取得する男性社員も増えてきましたね。育休や時短などの制度を上手に活用して、それに合わせて仕事をしていくことが大事だと思います。

会社で用意している両立支援制度については?

:私は在宅勤務とフレックスタイム制度を利用しています。対象部署では、フレックスタイムがあるから、朝、子どもと向き合う時間を過ごしてから出勤できる。在宅勤務も月に3回は使っています。子どもは熱を出すと不安になり、「お母さん、家にいて」と言います。そんなときは在宅勤務を利用する。「家にお母さんがいる」というだけで、子どもは安心するんです。私自身、離れた会社にいるより、子どもの近くにいるほうがずっと安心感があります。フレックスタイムと在宅勤務にはとても助けてもらっています。

:それらの制度は、男性社員も利用していますね。朝、お子さんを保育園に連れて行ってから出勤する人や、夕方5時に退社する人もいます。

:私の職場の男性社員も、奥さんが育休中なのですが、子どもが熱を出した、奥さんが熱を出した、といったときにフレックスを利用していますね。

:昔と比べて、そういうことが当たり前になってきています。とてもいいことだと思っています。

これからどんな働き方をしていきたいですか?

:私くらいの年次になってくると、徐々にマネジメントする立場になってきます。そうなると事業部全体、あるいは出向先の会社全体の目標達成に目を向けていかなければなりません。でも、その全体像が若手社員にはなかなか見えにくい。「あなたが今取り組んでいる仕事は、こういう目的があってやらなければならないことなんだよ」と教えてあげるのが、私の役目だと思います。部下が働きやすい環境づくり、やりがいを持って働ける指導に取り組んでいきたいと思っています。

:私は、誰かの生活にプラスアルファをもたらしたいというのが、京阪に入社した理由のひとつでした。現在、入社2年目で、管理部門の仕事をしています。これから先は、事業部門でプラスアルファの何かを提供する仕事もしてみたいです。それと、外国語学部出身ということもあって、「京阪」のサービスを国内外の方に知ってもらうことにも興味があります。今後は大阪万博も予定されていますし、インバウンドもさらに盛り上がってくると思うので、観光の仕事にも携わってみたいです。森田さんや端さんのようなマネジメントの仕事はまだ想像できないのですが・・・。

:まだ年次が若いから。私も若手社員のころは毎日無我夢中で、先のことなんてあまり考えていませんでしたよ(笑)。

:森田さんでもそうだと聞くと、ちょっと安心しました。端さんは今後のキャリアプランを、どうお考えなんですか?

:私は息子に「ママ、かっこいい」と思われるように働いていきたいと思っています。最近、在宅勤務をしている私を見て、息子が「僕は大きくなったら、ママみたいにお仕事をする」って言ってくれたんです。

:うらやましい!!

:私もすごくうれしかったんです。子どもと過ごせたかもしれない時間を仕事に充てている以上、「楽しい」「やりがいがある」と前向きに仕事に取り組んでいきたいと思っていたので。一生懸命に仕事をして、子どもに「かっこいい」と思ってもらえるような母親をめざしたいですね。子どもが成長して、就職したときにいろいろなアドバイスができるように。

:そういうの、すごく憧れます!

学生へメッセージをお願いします。

:就職、結婚、出産など、人生にはさまざまなターニングポイントがあります。どのような状況でも「会社や周りがどうしてくれるのか」ではなく、「自分がどうしたいか」という気持ちをしっかり持って、そのために周囲を説得し、チャンスをかたちにして、ものごとを前に進めていくことが大事だと思います。いろいろな仕事を任されて、やりがいを持って働きたいという人には、京阪ホールディングスをお勧めします。

:女性は社会で求められる役割も、生き方の選択肢も多いからこそ、迷ったり不安になったりします。「自分が進んでいる道は正しいのか?」と思うこともあるでしょう。最低限のリスクヘッジをしつつ、あとは「先のことを考えても仕方がない」くらいに思い切って、自分の心が動かされたものを信じて選ぶといいと思います。

:就職活動の時期は、いろいろな情報が入ってきます。何を信じたらいいのか分からなくなる時があるかもしれないですが、意外と自分の直感が当たっていたりもするので、迷ったときはその感覚を大事にしてほしいです。例えば、企業の人と話をしてみて「なにか心に響くな」「ちょっと違うな」と感じる事とか。実際に京阪ホールディングスの社員を見てみると、条件だけではなく、直感を大事にして入社した人が多いような気がします。直感を得るためにも、自分の足で確かめに行くことも大切だと思います。

:皆さんの就職活動が納得できるものになることを祈っています。