Talk session

トークセッション

技術系のやりがい

機械、電気、建築、土木…。
京阪には多彩な専攻分野出身の技術系社員が活躍しています。
彼らはなぜ京阪の技術系総合職という道を選び、
そして今、その仕事にどのようなやりがいを見出しているのか──。
それぞれの道を歩む技術系社員たちが語り合いました。

社員の所属や掲載内容は、2019年度取材当時のものです。

京阪ホールディングスに入社した理由は?

:私は建築系の出身ですが、就職活動を進める中で自分が様々な分野に興味を持つ性格であるということや、空間づくりを極めるのではなく空間づくりを通して事業提案することで社会に貢献したいと再認識しました。そこで、建築の技術を生かせるフィールドがあり、かつ多様な事業を手がけるコングロマリットな企業体である京阪ホールディングスを志望しました。

:私は土木系出身で、地域密着のまちづくりにかかわる仕事がしたいと考えていたので、鉄道関連企業に興味を持ちました。なかでも京阪ホールディングスを志望したのは、沿線に魅力を感じたから。海外からたくさんの観光客が訪れる京都の名所を数多く沿線に持つ京阪なら、きっとおもしろい仕事ができると思いました。

:私は大阪出身で関西に貢献したいという想いを持っていました。関西の私鉄はいくつか選考を受けましたが、最終的に京阪に決めたのは、社員の人柄が大きかった。皆さん、沿線が好きで「盛り立てていきたい」という地元愛や京阪愛を強く感じたので、ここなら自分も同じ想いで働けると思いました。

:私は技術だけに特化して深堀りするのではなく、技術を生かして広く社会に貢献できる仕事がしたいと望んでいました。その中で、地域を発展させることができる鉄道会社に興味を持ち、なかでも多様な経験を積めそうな当社に魅力を感じました。また、高校時代は通学に京阪電車を利用しており、愛着を感じていたことも理由の一つです。

現在の担当業務を教えてください。

:京阪電鉄車両部の窓口のような業務を担当しています。車両関係の企画や教育・訓練計画の立案、車庫設備の管理などを中心に、社内外との折衝を行うのが仕事です。車両に関わる案件が発生したときに、連絡が入りやすいポジションで、幅広い業務を行っています。

:私は京阪電鉄の電気部で、鉄道用変電所にかかわる設備の設計と工事の発注・監理業務を行っています。電力会社以外で変電所を所有している企業はごく少ないのですが、今はそれを一棟丸ごと新設工事を任されて取り組んでいます。

:私は現在グループ会社の㈱かんこうに出向しており、京阪電鉄から仕事を受けるかたちで、橋梁やトンネル、プラットホームといった土木構造物の補強設計を行っています。京阪電鉄にとって大規模なプロジェクトとなる寝屋川枚方連続立体交差事業の設計にも携わっています。

:私は京阪電鉄の工務部の建築担当として、駅舎や事務所、変電所といった建物の設計業務と、日常的な修繕などの施設管理業務を行っています。お客さまが普段利用される施設も多いので、ご迷惑がかからないよう配慮して進めています。

技術系総合職社員として働くやりがいは?

:「現在」の仕事のやりがいと、もっと高い視点で眺めたときのやりがいで、違ってくるのかなと思います。技術系総合職は、専門性と広い視野の両方が求められるところがありますが、私個人は現在の仕事で、構造力学に深く突っ込んで取り組んでいて、今は専門性が求められている時期なんだなと理解しています。

:京阪グループは「安全とチャレンジ」を基本方針にしています。技術系総合職では、「安全」を基盤としつつ、技術を生かして多様な事柄に「チャレンジ」できるのが大きなやりがいであり、力を発揮すべき点だと考えています。

:建築という技術の仕事だけでなく、経営する立場でマネジメントの役割が求められているところこそ、技術系総合職のやりがいだと思います。共有するビジョンに向かってがんばろうというときに、自分がリスクと責任を取って音頭をとるような。建築的な視点はもとより、種々の技術的可能性を検討することと経営判断をすることは両輪で考えるべきであり、そこに魅力もあるのではないでしょうか。

:技術系の先輩方を見ていると、技術に軸足を置きつつ、別の部署で様々な経験を積んできた人が多い。私自身、今は工事監理をしながら、先輩からマネジメントを学んでいるところです。背中を見て学べる先輩が多いところは魅力ですね。

:確かに、総合職なのでいろいろやるけれど、軸足は技術に置いている…。ここは事務系総合職との違いでしょうね。

:そうした違いがある一方で、同じ総合職なのでやはり事務系総合職とも距離が近い。部門を横断して進めなければならない仕事が出てきたときには、技術部門のなかでもわれわれ技術系総合職の社内ネットワークが求められてきます。

:私は実際、技術部門から出て広報担当に在籍していたこともあるのですが、そこで想像以上に技術部門での経験が生きました。新型車両など鉄道関連の情報を対外的に発信する際、技術のバックグラウンドがあると説得力が増し、そこは同僚からも頼りにされました。

京阪の技術力で「ここは優れている」と誇りに感じる点は?

:京阪電鉄在籍時代に、土木工事の計画から竣工まですべて一貫して担当していました。当時はそれが普通だと思っていたのですが、最近、学生時代の友人と話をしていて、他社では「計画だけ」とか「工事だけ」とか、工程の一部分しか担当していないケースが多いと知りました。京阪のベテラン社員は何を聞いてもすぐ答えが返ってくるのですが、そうした個人の技術力はこうした環境が培うのだなと実感しました。

:それと似た話で、電気の設計担当者は機器や工事をメーカーに発注する際、モノが仕上がる前に「本当にそれで安全が担保できるのか」という目線で、自分たちで配線や工事手順を実に細かくチェックします。どの会社でもやっていることだと思っていたら、メーカーから「ここまでやっているのは京阪だけ」と聞いて驚いたことがあります。それが安全運行につながっているのだと思います。

:私が担当している建築工事でも、事業主という立場から安全管理を徹底することに加えて京阪の担当者はマメに現場に足を運び、実に細かいところまで仕上がりなどを確認しています。その徹底したこだわり方はすごいと思いますね。

:車両部でもそれは感じていてます。一例として、看板の特急列車では、座席自動転換装置を京阪が世界で初めて導入したんです。最近ではプレミアムカーを導入するなど、次々と新しいチャレンジをしている京阪ですが、それができるのは、メーカー任せにせず技術を取り入れて伝承しているのと、保守部門と設計部門の距離が近く、運用面までしっかり考えてつくっているから。こうした技術へのこだわりは、京阪の優れた点だと言えます。

:新技術の導入の話が出ましたが、私がまだ2年目のころ、ある新技術の導入を提案したことがありました。若手の意見なんて聞き流されるのかなと思っていたら、しっかり耳を傾けて検討してくれたんです。こうした風土が、さまざまな新技術の導入を支えているんだなと納得したことを覚えています。

:あと、私はいま京阪電鉄から離れて建設コンサルタントのグループ会社に在籍していますが、ここでは、技術力向上とそれを京阪電鉄に生かすことを強く意識していて、こうした各グループ会社の技術力も、京阪グループ全体の技術力を下支えしているのだと実感しています。

仕事で印象に残っているエピソードを教えてください。

:先ほども話した通り、現在、変電所の更新工事を担当しています。これは電気部にとって大きなプロジェクトにもかかわらず裁量範囲が非常に広く、大きな予算の使いかたから配線一本の細かい仕様まですべて任せてもらっています。良いものができるかどうかは自分次第なので責任重大ですが、これまでの仕事の集大成だと思って取り組んでいます。

:京阪電鉄工務部在籍時に携わった、天満橋駅の耐震補強工事が印象に残っています。ホームの下に潜ってススだらけになりながら調査をしたり、建築や電気など他部門との調整ごとを主担当として推進したりと、毎日頭を悩ませていましたが、やり遂げたときは本当に達成感がありました。

:私は、北浜駅のバリアフリー化工事でトイレのリニューアル工事を担当したことです。それまで土木の先輩が担当していた部分を任せてもらったのも印象深いのですが、それ以上に、施工会社や社内関係部署と力を合わせて工事を遂行できたことに大きな充実感を覚えました。仕事は「何をするか」と同じくらい「誰とするか」も重要だと再認識しました。

:私は何と言ってもプレミアムカーの導入です。設計段階は車両部にいて、主に照明装置の設計を担い、特別車両に相応しい快適な車内空間の実現を目指しました。そして広報担当に異動した後に完成を迎えたのですが、、自分で設計したプレミアムカーを、自分自身で情報発信するという役割を担うことができました。社会的な反響も大きく、実に良い仕事に携わることができたと感じています。

学生へメッセージをお願いします。

:他者の立場に立ってものごとを考えることで多様な価値観を受け入れられる人、常に自分の中の常識をアップデートし続け、新しいことにチャレンジしようとする人、そんな人と一緒に仕事がしたいと思っていますし、そんな人なら京阪で活躍できるはずです。一緒に前例のない事業をかたちにしましょう!

:私は、自分の専門分野が好きで、「京阪に入社してこんなことがしたい」という想いをたくさん持っている人に来てほしいです。そんな人なら、ただ仕事をこなすのではなく、こだわりの技術で付加価値の高い仕事を生み出すことができると思います。

:自分の仕事の成果物が京阪沿線に増えていき、それらすべてが京阪電車の安全な運行とお客さまの生活を支えていると感じられるのは、大きなやりがいです。特にこれから京阪では、大きなプロジェクトも控えているので、さらにやりがいのある会社になると確信しています。

:京阪グループでは「安全とチャレンジ」を掲げ、安全安心の大前提を守りつつ、積極的にチャレンジできる土壌があり、その目標を果たそうとする社員がそろっています。私たちと一緒にぜひチャレンジしましょう。