こころまち つくろう KEIHAN 京阪ホールディングス

MENU開く

地域社会とのコミュニケーションの強化

京都女子大学と創立イベントを共催

2020年12月、京都女子大学創基100周年(京都女子学園創立110周年)と京阪電気鉄道(株)開業110周年を記念して、特別列車「百花列車」を運行する共催イベントを実施しました。「百花列車」は、同大学の生活造形学科の学生が花をモチーフにデザインした車内装飾やヘッドマークを施し、車内では、学生から募った100人の「京都への感謝・応援メッセージ」を学生の笑顔の写真とともに発信しました。

記念ヘッドマーク

龍谷大学の産地振興プロジェクトとの連携

(株)ビオスタイルでは、龍谷大学が進めている産地と消費地をつなぐ「ぶどう山椒の発祥地を未来へつなぐプロジェクト」の趣旨に賛同し、学生が開発した商品をGOOD NATURE STATIONで販売するなど、同大学との連携を進めています。今後、ぶどう山椒やカカオを使用した食品の共同開発にも取り組む予定です。

龍谷マルシェ

京都精華大学と連携した地域振興

叡山電鉄(株)は、2021年2月、同社が管理する出町柳駅ビル2階スペースを京都精華大学に貸し出し、同大学が「京都精華大学サテライトスペースDemachi」を開設しました。これは2020年4月に締結した京都精華大学との包括連携協定に基づくもので、教育プログラムや研究・文化活動を推進して沿線地域の活性化を図るための取り組みです。2月には、4年生および修士2年生を対象とした公募展「京都精華大学展2021 PICKS!」を開催しました。

2019年にリニューアルした鞍馬駅前「大天狗」モニュメントのデザインも同大学の学生が手掛けました。今後も、地域社会の活性化、将来必要とされる人材の育成に貢献するため、連携を進めていきます。

包括連携協定

鞍馬駅前「大天狗」モニュメント

親子で学ぶ学習船「スイスク」親子教室

大阪水上バス(株)は、2021年10月、学習船「スイスク」親子教室を運航しました。国土交通省淀川環境委員会の河合典彦氏が講師を務め、「淀川や大川の生き物」について説明しました。学習船「スイスク」は、淀川を学び、水辺を楽しむことを目的としたクルーズで、「水辺の歴史」「水辺の生き物」「水辺のまちづくり」などを船内で学び、「淀川アンバサダー」を目指します。

学習船「スイスク」親子教室

絶滅寸前種「フジバカマ」鉢植えを嵐電北野線の全駅に展示

京福電気鉄道(株)は、嵐電沿線のボランティア団体、立命館大学教職員・学生と協働で、「嵐電沿線フジバカマプロジェクト」を立ち上げ、京都府の絶滅寸前種に指定されている「フジバカマ」(キク科の多年生植物)を鉢植えにし、開花時期を迎える2021年10月に嵐電北野線(帷子ノ辻〜北野白梅町)の全駅に展示しました。消防用ホースを再生したプランターを利用するなど、生物多様性の保護に向けたネットワークをさらに広げていきたいと考えています。

嵐電沿線フジバカマプロジェクト

パナソニック(株)と地域社会発展のパートナーシップ協定を締結

当社は、2021年9月、パナソニック(株)とスポーツを通じた地域社会発展のパートナーシップ協定を締結しました。男子バレーボールチームのパナソニックパンサーズは以前から本拠地である大阪府枚方市を中心に地域密着型のチーム作りを展開し、ひらかたパークなど当社グループの施設でも連携イベントを多数実施しています。今後は、京阪電車主要駅などでのホームゲームの告知をはじめ、宣伝活動で連携を進めるほか、さらなる協力関係のもと、地域社会の発展に向けた貢献活動に取り組みます。

地域に根差した商業施設の運営

(株)京阪流通システムズでは、地域のお客さまをおもてなしし、ともに楽しむことを目的に「おまつり委員会」を展開しています。同委員会では例年、社員がサンタクロースに扮しお客さまのご自宅にプレゼントをお届けしています。コロナ禍の2020年は、オンライン通話でクリスマスの想い出作りのお手伝いをしました。

また、エシカル消費や環境課題に向き合い、お客さまに共感していただける活動に取り組んでいます。フードロス問題をテーマに、野菜の端材を利用し、ハンカチを染める実演イベントなどを実施しました。さまざまなイベントを開催することで、地域のお客さまとのつながりを重視した商業施設の運営を進めています。

「おまつり委員会」クリスマスイベント

京都タワーの社会貢献活動

京都タワーでは、通常は白色の塔体の夜間ライトアップを、各種啓発キャンペーンのメッセージカラーに変更し、社会課題に取り組む活動に協力しています。また、地域の児童福祉施設のお子さまに向け、マスコットキャラクター「たわわちゃん」が施設を訪問するイベントを開催したり、展望室へ招待するなど、社会貢献活動に取り組んでいます。

コロナ禍における医療従事者への感謝を示すブルー

展望室への招待

淀川舟運を体験する「淀川浪漫紀行」

大阪水上バス(株)では、枚方市および国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所と連携し、淀川舟運の活性化と、淀川沿川のまちの魅力向上による来訪・交流を促進する取り組みとして、天満橋・八軒家浜船着場と枚方船着場を結ぶクルーズ「淀川浪漫紀行」を運航しています。江戸時代に盛んだった京都・伏見と大坂・八軒家を結ぶ淀川舟運を体験しながら、枚方市の地元物産や歴史・文化を紹介します。この運航を通じ、水の路(淀川)と陸の路(京街道)を淀川舟運とまちの賑わいでつなげて、地域のさらなる活性化を目指します。

「淀川浪漫紀行」で毛馬閘門の通過体験