こころまち つくろう KEIHAN 京阪ホールディングス

MENU開く

京阪電気鉄道(株)の環境経営

京阪グループでは、グループ全体で環境経営に取り組んでいますが、ここではエネルギー使用量の大きい京阪電気鉄道(株)の環境マネジメントについてご説明します(京阪ホールディングス(株)本社事務所を含みます)。

環境教育

毎年定期にエコリーダー研修を行い、京阪グループEMSを推進するとともに、「教育訓練実施項目一覧表」を作成し、環境教育を実施しています。環境法規制に関する知識の習得や京阪EMSの概要、当社の環境に関する取り組み内容などを訓練しています。

京阪グループ全体での環境法規制セミナーを実施し、環境法令の遵守に努めています。

教育実績表(2020年度)

項目 受講人数
エコリーダー研修 23人
環境法規制セミナー 54人
新入社員への研修 45人
新任監督職・係長への研修 25人

2021年度目標

← 左右にスクロールできます →
取り組みテーマ 環境目的 2021年度目標
地球温暖化防止 鉄道電力の削減 車両更新、駅舎照明のLED化による対前年削減電力量 180千kwh
ダイヤ改定による対前年削減電力量 11,867千kwh
省エネ活動の推進 原単位削減率:2020年度比1%削減
環境コミュニケーション 情報開示の推進
  • 「CORPORATE REPORT 2021」の発行
  • CSR情報の社外発信年6回

事業活動に伴う環境負荷(マテリアルバランス)

事業活動において電力をはじめとしたエネルギーや資源を消費し、温室効果ガスや廃棄物を排出しています。これらの環境への負荷を『インプット(エネルギーや資源の投入量)』と『アウトプット(CO2と廃棄物排出量)』の算出により把握し、環境負荷低減活動につなげています。

  • ※1GJ(ギガジュール)とは仕事量・エネルギー・熱量の単位J(ジュール)の10の9乗倍に相当します。
  • ※2電力の熱量換算には地球温暖化対策推進法で公表している係数(9.97GJ/千kWh)を使用しています。
  • ※3電力のCO2排出量換算には地球温暖化対策推進法で公表している係数(0.340t-CO2/千kWh)を使用しています。

環境会計

環境会計とは事業活動における環境保全のためのコストと、その活動により得られた効果を認識し、可能な限り定量的に測定し伝達する仕組みです。

当社は、2004年度より環境会計を導入しており、環境保全活動を評価する手段として活用しています。2020年度の環境保全のための投資額は約332百万円、費用は約381百万円でした。

環境保全コスト

環境負荷の発生を防ぐ取り組みのコストを表しています。

事業活動に応じた分類

(単位:千円)

← 左右にスクロールできます →
分類 主な取り組み内容 2018年度 2019年度 2020年度
投資 費用 投資 費用 投資 費用
(1)事業エリア内コスト 533,478 313,790 418,366 409,341 330,717 330,488
内訳 (1)-1 公害防止コスト ①PCまくらぎ化、②分岐器改良、③ロングレール化、④レール重量化、⑤レール削正継目補強、⑥防音車輪、⑦ダブルアクション型連結器緩衝装置、⑧車体自動塗装機用排気装置、⑨水質調査、⑩ボイラー排ガス測定・点検整備、 ⑪排水下水化、⑫グリストラップ清掃、⑬雨水利用システム 247,157 35,189 211,814 59,985 170,260 58,230
(1)-2 地球環境保全コスト ①空調冷媒代替フロン化、②LED式表示器類、③太陽光発電システム、④節水器具 200,788 621 169,008 4,209 63,978 2,370
(1)-3 資源循環コスト ①廃棄物処理・処分、②車両清掃、③停車場清掃、④廃切符のトイレットペーパー化、⑤エコ制服 85,533 277,980 37,544 345,147 96,479 269,888
(2)上・下流コスト ①グリーン購入費 0 2,512 0 2,595 0 2,954
(3)管理活動コスト ①「GOOD NATURE STATION」WELL認証、②測定・計量、③CORPORATEREPORT 2020発行、④環境教育費(EMS法規制セミナー等)、⑤車両清掃費 0 16,975 0 17,781 1,681 39,691
(4)社会活動コスト ①植林用事業資材活用 0 9,836 0 12,568 0 7,602
合計 533,478 343,113 418,366 442,285 332,398 380,735

参考・事業内容別

(単位:千円)

← 左右にスクロールできます →
事業内容 2018年度 2019年度 2020年度
投資 費用 投資 費用 投資 費用
鉄道事業 531,910 285,975 418,366 402,965 330,717 342,220
レジャー(ひらかたパーク) 0 15,775 0 13,621 0 16,198
その他 1,568 41,363 0 25,699 1,681 22,317
合計 533,478 343,113 418,366 442,285 332,398 380,735

環境保全効果

環境負荷の発生を防ぐ取り組みによる効果を物量単位で表しています。

(単位:千円)

← 左右にスクロールできます →
環境保全効果の分類 環境パフォーマンス指標(単位) 2018年度 2019年度 2020年度 増減量(環境保全効果)
事業活動に投入する資源に関する環境保全効果 総エネルギー投入量(GJ)
※2020年度換算
2,462,997 2,467,047 2,366,358 ▲100,689
電気(GJ) 2,439,725 2,444,001 2,344,686 ▲99,315
その他エネルギー(GJ) 23,272 23,046 21,672 ▲1,374
水資源投入量(千m3) 410 370 290 ▲80
紙(千枚) 10,149 9,174 8,331 ▲843
事業活動から排出する環境負荷及び廃棄物に関する環境保全効果 温室効果ガス排出量
(t-CO2)※2020年度換算
87,519 87,625 76,032 ▲3,268
電気
※(t-CO2)
86,137 86,288 74,785 ▲3,168
その他エネルギー(t-CO2) 1,382 1,337 1,247 ▲100
廃棄物等総排出量(t) 1,659 1,640 1,481 ▲41
事業活動から産出する財のサービスに関する環境保全効果 鉄道利用促進(パーク&ライド※)実施に伴う負荷削減量CO2排出削減量(t-CO2)※2020年度換算 14.9 14.4 6.0 ▲8.2
  • ※大津市パーク&ライド(びわ湖浜大津駅から京都東山地区へ鉄道を利用)の効果を推定し計算

環境保全対策に伴う経済効果

環境保全対策を進めた結果、当社収益に貢献した効果を貨幣単位で表しています。

(単位:千円)

← 左右にスクロールできます →
効果の内容 2018年度 2019年度 2020年度
収益 廃棄物のリサイクル ボンドくず・被覆線くず(トロリー線くず含む)・アルミくず・鉄くず・銅くずなど 23,033 14,421 19,448
使用済み製品のリサイクル 古レール・古レール付属品 12,819 10,192 2,957
古車輪 2,431 974 1,498
古金属すり板 61 79 0
鉄柱・トラス 0 0 0
古木まくらぎ 0 0 0
廃カード 4 7 9
費用節減 エネルギー費用の節減 66,264 46,024 102,094
合計 104,612 71,697 126,006