京阪の文化

『この場所で働く』

社員の前向きなチャレンジを
京阪ホールディングスは全力でバックアップします。 

ジョブローテーション制度

京阪は「運輸」「不動産」「流通」「レジャー・サービス」の4つの事業部門と経営管理部門で構成されます。ジョブローテーションによって、時には事業領域を横断しながらキャリアアップし、幅広い知識と視野を養うことが可能です。広大なフィールドで思う存分、力を発揮しながら、あなただけのキャリアを描いてください。

ベンチャービジネスプログラム

京阪ホールディングスおよびグループ各社の社員から、収益の柱となり得る新規事業を随時募集し、その事業化を図っています。応募に当たって、入社年次や経験・スキルは問いません。起業意欲旺盛な社員、事業アイデアを提案した上で将来的にその事業を手掛けてみたいという想いのある社員などからの応募を募っています。

アイデアボックス

京阪グループの収益につながるアイデアの発信や、そうしたアイデア持つ社員同士が担当業務を越えてコミュニケーションを図ることができる場を整備しています。対象は京阪グループの全社員。アイデアボックスの専用サイトやメールなどから気軽にアイデアを発信することができます。

少数精鋭主義

当社の強みを形作っているのは、「社員の数の多さ」ではなく「社員の個の輝き」です。あらゆる個性や長所を持つ一人ひとりの社員が、自分だけが出せる持ち味を最大限に発揮しながら活躍しています。多様な人材がいるからこそ、社員同士が互いに刺激し合い、相乗効果を生み出し、想像以上の成果をあげることができるのです。

若手の活躍推進

新入社員研修を終えて各部署に配属となってからは、若手でも活躍の場が多く巡ってきます。そのため、若いうちから責任のある仕事を担当することや、重要な業務やプロジェクトに携わることもあります。そうした機会をチャンスにして、そこから得た多彩な経験を、未来のあなたをつくる財産としてください。

自己申告制度

年に一度、自らの希望する業務やキャリアプランについて、上司を介さず直接人事部長に申告できる機会が「自己申告制度」です。ここでの申告内容は人事異動の他、長期的な視野での能力開発にも反映されます。本人の能力や適性もあり、必ずしも希望通りになるわけではありませんが、これも少数精鋭主義ならではの、個人の能力を最大限に活かし、それぞれのモチベーションを高めていくための取り組みの一つです。

バッターボックスに立て

「何事に対しても当事者意識を持って取り組む」。その大切さを表現する比喩として、京阪ではこの表現を用います。困難に直面したときでも、その場から逃げずに自らバッターボックスに向かい、成長の機会にしてほしいという想いを凝縮したのがこの言葉です。前向きにチャレンジする人を、当社では全力でサポートします。

Make Your Story

あなたの想いが
これからの京阪を形作る力になる!

採用情報へ