Recruit 採用関連情報

人事育成制度

京阪ホールディングス人事制度

少数精鋭主義をとる当社は、社員に「将来の京阪グループを担う人材」になることを期待しています。社員に対しては、個人の能力発揮やその成果に応じた考課の仕組みを適用するなど、発揮能力主義に重点をおいた昇進・評価・人材育成システムにより、キャリアアップを図ります。

京阪アカデミー

人材開発計画に基づき、主体的に能力開発に取り組む社員を支援し、将来の経営者を育成する制度。社員自らが選択して活用できる制度です。

  • 資格取得支援
  • 外部研修への参加 など

階層別研修・自己啓発支援

各階層に必要とされる知識や役割の理解、マインド醸成を目的としています。また、経営者に求められる能力の基礎を構築・強化するため、ビジネススキルに関する必須の研修を設けています。

  • 新入社員研修 駅員や車掌といった鉄道の現場や、ひらかたパーク、スーパーマーケットといった現場で実習を行います。京阪の事業の現場について身を持って体験するとともに、「お客さま第一主義」の考えを習得することを目的としています。また、経営トップによる講話やケーススタディ、ディスカッションを通じて、京阪グループ各事業の基礎知識や課題についても習得していきます。
  • KEIHANビジネスセミナー(能力開発研修) 役職ごとに「マーケティング・経営戦略」、「財務・会計」、「人事・労務管理」などの能力開発モデルを設定。社員はそれぞれの在職期間中に所属部署・過去の業務経歴に関わらず設定された全ての研修(通信教育、集合研修、外部派遣(ビジネススクールなど))を受講することで、将来の京阪グループを担う人材への素地を醸成するために必要な能力を身に付けます。
  • 通信教育講座 など

キャリア形成支援・交流促進

継続的にホールディングス社員としての意識付けを行うとともに、仕事やキャリアに関する悩み・不安を解消するための支援の機会です。

  • 新入社員を対象としたメンター制度
  • 若手・中堅社員を対象とした人事部との個別面談
  • 年次を問わず斜めのつながりを醸成するオフサイトミーティング など