こころまち つくろう KEIHAN 京阪ホールディングス

MENU開く

京阪グループの環境マネジメント

環境理念

2002年に京阪グループ環境理念を制定し、グループ全体で環境改善や環境法令の遵守を推進しています。

環境理念

京阪グループは、「地球環境の保全は人類共通の重要課題の一つである」との認識のもと、環境の保全や資源の保護に配慮し、自然環境にやさしい企業運営を目指すことで、持続的に発展できる社会の実現に貢献します。

京阪グループの環境マネジメント

環境マネジメント専門委員会

2005年に「環境マネジメント専門委員会」を設置し、京阪グループ全体の環境経営を推進しています。委員会では各社の環境マネジメントシステム構築のフォローアップ、各社の情報の共有化や取り組み状況の評価を行い、改善に努めているほか、環境法令の遵守徹底のため、法令改正情報の周知や環境監査の定期実施による法令遵守状況の確認と改善支援にも注力しています。

京阪グループの環境マネジメント体制図

環境マネジメントシステム構築の推進

ISO14001やKESなどの環境マネジメントシステムの認証取得を推進するほか、京阪グループ独自の環境マネジメントシステム(基本タイプ)を定め、環境マネジメントシステムの継続的改善に努めています。

京阪グループEMS

認証タイプ ISO14001、KES(特定非営利活動法人KES環境機構による)などの環境マネジメントシステム要求事項に適合したシステムで、外部審査機構による審査登録を行います。
基本タイプ ISO14001の基本要素を抽出したシステムです。

環境マネジメント認証の取得状況

ISO14001

年月 会社/事業所
2000年 9月 ひらかたパーク
2001年 3月 寝屋川車両基地
2002年 8月 琵琶湖ホテル
2004年 3月 京阪電気鉄道(株)全社(全社で認証を受けたのは鉄道業界初)

KES

年月 会社/事業所
2005年9月 京都センチュリーホテル
2006年5月 京福電気鉄道(株)
2009年1月 京都タワー